◆あるニュースがきっかけで売り上げ急増!?「クレンブテロール」「タモキシフェン」の意外な使い道!

今回のウワサ
「クレンブテロール」と「タモキシフェン」
さて、今回の調査対象は・・・
気管支拡張薬のクレンブテロールと、乳がん治療薬のタモキシフェン!
 
巷のウワサによるとこれらの商品、ある方がアフィリエイトブログで本来の目的とは異なる使用方法を紹介したところ、想定外のビッグな反響を呼び、商品の売り上げがガツンと伸びたのだそう!!!
 
しかも、先月のあるニュースをきっかけに、更にその勢いを増しているのだとか!むむ、これは要チェック!さっそく調査しましたのでご報告します!


まずは、おさらいから!
1.クレンブテロールとは?

スピロテロール(Spiroterol)40mcg
気管支拡張薬として有名な「スピロペント」の主成分です。交感神経(β2受容体)を刺激し、気管支をとりまく筋肉の緊張をゆるめ、気管支をひろげることで呼吸を楽にします。

2.タモキシフェンとは?

ノルバデックス-D(Nolvadex-D)20mg
乳がん治療薬「ノルバデックス」の主成分として知られています。乳がんはエストロゲン(女性ホルモン)の量に依存して進行しますが、タモキシフェンはそのエストロゲンの働きを抑えることで、乳がんのがん細胞が増えるのを抑制します。


クレンブテロール★気管支拡張以外の活用法★
瞬発力と筋肉量をアップする効果が!!
クレンブテロールは、気管支拡張薬。気管支をひろげて多くの酸素を吸い込むことができるため、瞬発力が大事なスポーツでパフォーマンスを向上してくれます。
 
また、気管支をひろげるだけでなく、タンパク同化作用による筋肉量の増加といった効果も期待できるため、アナボリックステロイド規制後の代用品として、現在注目度が急上昇中!
 
アナボリックステロイドほど、肝臓への負担が重くないというのも人気のポイントです!

タモキシフェン★乳がん治療以外の活用法★
女性化乳房を軽減する効果が!!
タモキシフェンは、乳がんを進行させるエストロゲンの働きを抑える薬ですが、それがアナボリックステロイドとどう関係するのかというと・・・
 
アナボリックステロイドには、アロマ化(アロマタイズ)という副作用があります。これは体内の男性ホルモンの一部が、アロマターゼという酵素によってエストロゲンに変わってしまい、男性が女性のような乳房になってしまう現象のこと。この一連の流れを抑えるのに、抗エストロゲン剤であるタモキシフェンが使われるというわけです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0