ルボックスジェネリック・ファベリン(Faverin)100mg

ファベリンは欧州ではルボックスと呼ばれることもある、抗うつ剤です。
日本ではデプロメールの商標で販売されており、また、後発(ジェネリック)も多数、存在します。

気分が落ち込んだり、悲観的になりやすい、意欲が湧かない、集中出来ないなどといった、うつ症に見られる症状を緩和、
改善する薬です。

また、うつ症以外にも、摂食障害、多動性障害などに処方されることもあります。
セロトニン系の神経のみに作用するため、従来の抗うつ薬に比べて口の渇き、便秘などの副作用が少ないことが特徴です。

効果
主に、うつ病、不安傷害、強迫性障害、摂食障害、多動性障害等の治療薬として用いられます。
用法
症状や年齢によって増減するため、以下はあくまでも一般的な目安です。
フルボキサミンマレイン酸塩として1日50mgを初期用量とし、1日最大150mgまでとします。1日2回に分割して経口投与します。なお、1日200mgを超える量を投与した場合、目覚ましい効果があったとの報告もあり、臨床の場においては、1日200mgを超えた処方がなされることもありますが、医師の管理下での事となるので、用法・用量は必ず、専門医の指示を仰いでください。
注意事項
24歳未満の患者が服用した場合、自殺願望が芽生える等の危険な副作用が報告されています。自己の症状を自己で判断をせず、本当に本剤が必要であるか、医師または薬剤師と十分に相談をしてください。
副作用
主なものとして、眠気、吐き気、頭痛、胃や肝臓などの消化器への影響が報告されています。
成分
フルボキサミン(Fluvoxamine) 100mg
商品別名(日本名)
デプロメール(MeijiSeikaファルマ)、フルボキサミンマレイン酸塩(エルメッドエーザイ、ニプロ、武田テバ薬品、共和薬品工業、沢井製薬、高田製薬、東和薬品、ファイザー、日医工、キョーリンリメディオ、長生堂製薬、陽進堂、辰巳化学、シオノケミカル、大興製薬)、ルボックス(アッヴィ合同会社)


ルボックスジェネリック・ファベリン(Faverin)100mg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0