「ケトジェニックダイエット」向けサプリの意外な副効用!

ケトジェニックダイエット向けサプリ
「ケトウェイトロス」
~ある“副効用”を紹介したところ“注文”が激増したらしい~
今回の調査対象は、ケトジェニックダイエットを行う方から大人気の「ケトウェイトロス」!

 
まずはおさらい!
 
 
「ケトジェニックダイエット」とは?
糖質の摂取量をうんと減らし、脂質とタンパク質をメインとする「ケトン食」によるダイエットのこと。単に糖質を控える食事法の「低糖質」と比べて、ケトン食は良質な脂質を沢山摂る必要があり、また糖質制限がよりシビアです。

ケトン食では、本来は主なエネルギー源となる糖質が供給されないことで、身体は他のエネルギー源を利用することを余儀なくされます。そこで登場するのが「ケトン体」。

ケトン体は、脂質(特に中鎖脂肪酸)を分解したときにできる物質です。これがエネルギー源として利用されるため、脂質の分解・燃焼が加速し、効率的にウェイトロスができるというわけです。
「ケトウェイトロス」とは?

米人気サプリメーカー「BPI sports社」によるサプリメントで、ケトジェニックダイエットを行う方から人気の商品です。ケトン体のもととなる中鎖脂肪酸や、ケトン体の一種であるBHBが豊富に配合されています。

ケトジェニックダイエットは厳格な糖質制限を伴うため、時に“集中力の欠如”や“疲労感”などの望ましくない作用が起こるといわれていますが、これらが起きにくいようケトウェイトロスがサポート。またケトン体の供給量をアップさせることで、より燃焼しやすい体質へと導きます。

ケトウェイトロス[Bpi社製]

「ケトウェイトロス」
★ダイエットに留まらない可能性★
 
【活用法①】★認知症編★
~ケトン体が認知症の症状を抑制!?~
近年、ケトン体によってアルツハイマー型認知症の症状が抑制されるという報告が増えています。ポイントは、糖質の一種であり脳のエネルギー源となるグルコース。
アルツハイマー型認知症のメカニズム
脳内にアミロイドβタンパク質といういわば「不要なゴミ」が蓄積すると、脳はグルコースをエネルギー源として利用しづらくなります。すると脳内がエネルギー不足になり、アルツハイマー型認知症の症状を引き起こす一因になるとされています。
これまで、脳がエネルギー源として利用できるのはグルコースのみだと考えられてきましたが、実はケトン体も利用されていることが明らかになってきました。しかも、脳内に「不要なゴミ」アミロイドβタンパク質が蓄積していても、ケトン体ならばエネルギー源として利用できるというのです。
 
つまり、ケトウェイトロスでケトン体の供給量を増やすことで、脳内のエネルギー不足が補われ、認知症の症状を抑制できるかもしれないのです!
 
人生100年時代ともいわれている今、認知症は多くの人が恐れる病気です。特に、ミドル世代以降にとっては他人事とはいえません。
 
ミドル世代といえば、体型の変化が気になる人が少なくありません。ケトウェイトロスを使ったケトジェニックダイエットで、カラダもアタマもスッキリ!

【活用法②】★がん編★
~ケトン食でがん細胞を兵糧攻め!?~
ケトウェイトロスがサポートするケトン食には、なんとがんに対する有用性が示唆されています。というのも、がん細胞がエネルギー源として利用できるのは、グルコースのみ。つまり、ケトン食によってグルコースを制限すれば、がん細胞を兵糧攻めにでき、増殖を抑えられるのではないか?というわけです。
 
加えて、ケトン体をエネルギー源とした代謝環境ではがん細胞だけを選択的に酸化ストレスにさらすことができるなど、ケトン体とがん細胞の関係性について海外で多数の報告が出てきています。日本国内においても、大阪大学大学院医学系研究科では「癌ケトン食研究会」が発足しており、がんに対するケトン食の新たな可能性を探って様々なプロジェクトが進行中です。
 
ケトウェイトロスを活用したケトン食の実施が、「がんのケア」にも一役買ってくれる可能性アリなのです!


※ご注意
上記でご紹介した方法は参考の一部であり、諸外国の資料を元に作成しております。ケトウェイトロスによる認知症やがんへの作用を保証する内容ではございませんので、自己責任での使用をお願いいたします。


ケトウェイトロス[Bpi社製]

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0