ヒドロキシクロロキン(HCQS-200)200mg

HCQS-200は、免疫調整剤です。プラケニル錠と同じ有効成分のヒドロキシクロロキン硫酸塩を含有しています。

HCQS-200に含有されている有効成分のヒドロキシクロロキン硫酸塩は、主に細胞のリソソーム内へのヒドロキシクロロキンの蓄積によるpHの変化とそれに伴うリソソーム内の種々の機能の抑制により、全身性エリテマトーデスおよび限局的な皮膚症状のみを有する皮膚エリテマトーデスの皮膚症状の改善ならびに、全身性エリテマトーデスによる倦怠感などの全身症状および筋骨格系症状を改善します。

通常、皮膚エリトマトーデス、全身性エリテマトーデスの治療に用いられる薬です。

効果
皮膚エリテマトーデス、全身性エリテマトーデス

※効果には個人差がありますことを予めご了承ください。
用法
通常、ヒドロキシクロロキン硫酸塩として200mg又は400mgを1日1回食後に経口投与する。
ただし、1日の投与量はブローカ式桂変法により求められる以下の理想体重に基づく用量とする。
女性患者の理想体重(kg)=(身長(cm)−100)×0.85
男性患者の理想体重(kg)=(身長(cm)−100)×0.9

(1)理想体重が31kg以上46kg未満の場合、1日1回1錠(200mg)を経口投与する。
(2)理想体重が46kg以上62kg未満の場合、1日1回1錠(200mg)と1日1回2錠(400mg)を1日おきに経口投与する。
(3)理想体重が62kg以上の場合、1日1回2錠(400mg)を経口投与する。
注意事項
飲み忘れに気付いても服用しないでください。1錠と2錠を1日おきに服用されている方が次に服用する際は、服用し忘れた日の分を服用してください。
※2回分を一度に服用しないこと。

本剤を服用する前に、眼科検査をお受けください。
眼障害が現れることがありますので、定期的な眼科検診をお受けください。
視力低下や色覚異常などの視覚障害が認められた場合は、直ちに服用をお止めください。
本剤の服用中に低血糖症状(ふらつき、脱力感、冷や汗、めまい、頭痛、動悸、空腹感、手足の震え、意識消失)が現れる場合があります。
本剤の服用中は、車の運転など危険を伴う機械の操作はしないでください。

■以下の方は本剤を使用しないでください。
本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある方
網膜症(ただし、SLE網膜症を除く)あるいは黄斑症の方又はそれらの既往歴のある方
6歳未満の幼児
副作用
下痢

眼障害(網膜症、黄斑症、黄斑変性)、中毒性表皮壊死融解症(Toxic Epidermal Necrolysis:TEN)、皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群)、多形紅斑、紅皮症(剥脱性皮膚炎)、薬剤性過敏症症候群、急性汎発性発疹性膿疱症、骨髄抑制(血小板減少症、無顆粒球症、白血球減少症、再生不良性貧血)、心筋症、ミオパチー、ニューロミオパチー、低血糖
などの症状が現れる場合があります。
その他、なにか異変を感じた際は速やかに医師の診察をお受けください。
成分
Hydroxychloroquine Sulphate 200mg

ヒドロキシクロロキン硫酸塩 200mg



ヒドロキシクロロキン(HCQS-200)200mg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0