ジスロマックジェネリック250mg (Azicip)

ジスロマックジェネリックは、マクロライド系の抗菌薬です。日本国内で承認されているジスロマック錠と同一有効成分であるアジスロマイシンを含有しています。

ジスロマックジェネリックは細菌を殺して、感染を治療する薬です。

ジスロマックジェネリックに含有されている有効成分のアジスロマイシンは、細菌のたんぱく質の合成を阻害して、細菌を殺し、感染症を治療します。幅広い抗菌スペクトルを有し、肺炎球菌、インフルエンザ菌、化膿レンサ球菌、黄色ブドウ球菌、肺炎クラミジアなどに効果を発揮することに加え、1日1回3日間の服用で約7日間、効果が持続する特徴があります。

本剤は、耐性菌の出現を防ぐためにも、必要最小限の期間の服用にとどめてください。また、医師の指示を必ず守り、自己判断での勝手な服用中止などは行わないでください。

効果
適応菌種
アジスロマイシンに感性のブドウ球菌属、レンサ球菌属、肺炎球菌、淋菌、モラクセラ(ブランハメラ)・カタラーリス、インフルエンザ菌、レジオネラ・ニューモフィラ、ペプトストレプトコッカス属、プレボテラ属、クラミジア属、マイコプラズマ属

適応症
深在性皮膚感染症、リンパ管・リンパ節炎、咽頭・喉頭炎、扁桃炎(扁桃周囲炎、扁桃周囲膿瘍を含む)、急性気管支炎、肺炎、肺膿瘍、慢性呼吸器病変の二次感染、尿道炎、子宮頸管炎、骨盤内炎症性疾患、副鼻腔炎、歯周組織炎、歯冠周囲炎、顎炎

※効果には個人差がありますことを予めご了承ください。
用法
深在性皮膚感染症、リンパ管・リンパ節炎、咽頭・喉頭炎、扁桃炎(扁桃周囲炎、扁桃周囲膿瘍を含む)、急性気管支炎、肺炎、肺膿瘍、慢性呼吸器病変の二次感染、副鼻腔炎、歯周組織炎、歯冠周囲炎、顎炎
成人にはアジスロマイシンとして、500mg(2錠)を1日1回、3日間合計1.5g(6錠)を経口投与する。

尿道炎、子宮頸管炎
成人にはアジスロマイシンとして、1000mg(4錠)を1回経口投与する。

骨盤内炎症性疾患
成人にはアジスロマイシン注射剤による治療を行った後、アジスロマイシンとして250mg(1錠)を1日1回経口投与する。
注意事項
飲み忘れに気付いた際は、思い出したときすぐに服用してください。ただし、次の服用時間が近いときは忘れた分は服用しないでください。
※2回分を一度に服用しないこと。

自分の判断で中止せずに必ず医師の指示どおりに服用してください。
本剤の服用中に湿疹、粘膜のびらんや、水ぶくれなどの症状が現れた場合は、服用を中止し、速やかに医師の診察をお受けください。
本剤の作用時間は長いため、アレルギーの再発や、服用4日目以降でもアレルギー反応が生じることがあるため、ご注意ください。
本剤の服用中は、車の運転など危険を伴う機械の操作はしないでください。

■以下の方は本剤を服用しないでください。
本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある方
副作用
好酸球数増加、ALT(GPT)増加、下痢

ショック、アナフィラキシー(呼吸困難、喘鳴、血管浮腫等)、中毒性表皮壊死融解症(Toxic Epidermal Necrolysis:TEN)、皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群)、薬剤性過敏症症候群、肝炎、肝機能障害、黄疸、肝不全、急性腎不全、偽膜性大腸炎、出血性大腸炎、間質性肺炎、好酸球性肺炎、QT延長、心室性頻脈(Torsades de pointesを含む)、白血球減少、顆粒球減少、血小板減少、横紋筋融解症などの症状が現れる場合があります。
その他、なにか異変を感じた際は速やかに医師の診察をお受けください。
成分
Azithromycin 250mg

アジスロマイシン 250mg
商品別名(日本名)
アジスロマイシン(シオノケミカル、陽進堂、長生堂製薬、辰巳化学、高田製薬、シオノケミカル、東和薬品、日本ジェネリック、辰巳化学、小林化工、YUNGSHINPHARMACEUTICALINDUSTRIALCO.,LTD.、興和、ニプロ、わかもと製薬、共和薬品工業、沢井製薬、サンド、武田テバ薬品、日医工、全星薬品工業、第一三共エスファ、第一三共、日本ケミファ、富士製薬工業)、ジスロマック(ファイザー)


ジスロマックジェネリック250mg (Azicip)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0